生の魚をあげてはいけない理由

生の魚をあげてはいけない理由

生の魚をあげてはいけない理由

猫は魚好きというイメージがありますが、基本的に生の魚は猫に与えない方が良い食材です。
特に青魚は注意が必要です。

猫に青魚を食べさせるとマグネシウムの過剰摂取となり、尿結石になるリスクが高まります。
キャットフードを食べさせていれば栄養不足になる事はありませんから、青魚は与えない方がいいでしょう。

青魚は不飽和脂肪酸が豊富で人にとっては体に良い食べ物ですが、猫が食べ過ぎると脂肪が酸化して黄色脂肪症になるリスクが高まります。
これは痛みを主なう病気ですから猫のためにも青魚は与えない方がいいのです。

生魚を丸ごと与えた場合、骨が喉に刺さる危険があります。
刺身ならいいかというと、少量ならいいかもしれませんが、キャットフードよりも美味しいので刺身しか食べなくなる可能性があります。

刺身には時毒アニサキスという寄生虫が潜んでいる事があります。
刺身を与える場合は細かくして寄生虫がいないかどうか確認が必要です。
これは人間も注意が必要ですが、飲み込むと胃や食道を食い破るので激痛に襲われます。
危険性が高い物は猫に与えない方がいいでしょう。

猫にはキャットフードを食べさせるのが一番です。
味に飽きやすい場合は、手作りキャットフードもOKですが、よく火を通してから与えてください。